自己破産が出来る人の条件【自己破産を考えている人は必読!】

自己破産が出来る人の条件【自己破産を考えている人は必読!】

自己破産が出来る人の条件【自己破産を考えている人は必読!】

多額の借金を抱えて、返済の目途がたたない人の法的な救済手段として自己破産があります。
破産の申し立てを裁判所に行い、裁判所で免責が許可されれば支払い義務が免除されます。
支払いが免除されれば、借金に追われる日々から脱出する事が出来ます。
しかし、誰でも自己破産が出来るわけではありません。
自己破産を行える人には、条件があります。
その条件とは「破産原因」があるかどうかを問われます。
その「破産原因」とは、つまり支払い不能であるかどうかです。
逆に言えば、支払い能力のある人は自己破産は出来ません。
借金を返済するだけの収入や財産を持っていない、支払い能力がない人というのが自己破産の条件になります。
しかし、収入を超える借金をしてしまって返済に困っているという理由だけでは必ずしも自己破産が認められるとは限りません。
やはり借りたお金は返さないといけないという社会ルールがありますから、自己破産が認められるにはそれ相応の理由が必要となってきます。
裁判所に破産の申し立てを行った後、裁判所で債務者の財産チェックや年齢、性別、職業、給料など様々な事をチェックされ総合的に判断されてその結果、免責が認められるかどうかが決まります。
借金を抱えて、破産を行うと考える人は、まずは弁護士や司法書士などの専門家に相談してから申し立てを行った方が安心です。
破産の手続きも自分で行うより、プロである弁護士や司法書士に依頼した方がスムーズにいきます。