自己破産のデメリットを徹底解説!≪気になる自己破産の仕組み≫

自己破産のデメリットを徹底解説!≪気になる自己破産の仕組み≫

自己破産のデメリットを徹底解説!≪気になる自己破産の仕組み≫

どうしても借金が返済できなくなり、自己破産を選ぶ人も少なくありません。では、どのようなデメリットがあるのかを事前に知っておきましょう。いろいろと制限されてしまいますので、なるべく避けたいと思うのではないでしょうか。

一度、自己破産をしてしまうと5から10年くらいは借り入れができなくなってしまいます。ブラックリストに乗ってしまうからです。お金が必要になってしまい、本当は借り入れをしたいと思っていても利用できなくなってしまうのは、大きなデメリットになってしまうかもしれません。

また、官報に自分の名前が掲載されてしまいます。名前だけではなく住所まで掲載されてしまいます。国が発行している機関紙に掲載されてしまうのは、精神的にもあまり良いものではないでしょう。誰か知っている人に見られてしまう恐れも出てくるかもしれません。住所まで掲載されてしまいますので、知っている人が見ればすぐにわかってしまうでしょう。

破産開始決定してから、免責決定をするまでの間は、一部できない職業があります。保険外交員や警備員などです。就ける職業が限られてしまうというのも自己破産のデメリットの一つと言えるでしょう。自己破産をしているかしていないかによって、自由度がかなり違ってくるとは思いませんか。国の機関紙にまで名前が載ってしまうのです。計画的に借金をしないと大きなデメリットを受けることになりますので、余裕のある計画を立てることが重要です。