自己破産に必要な費用とは?【自己破産について詳しく解説します】

自己破産に必要な費用とは?【自己破産について詳しく解説します】

自己破産に必要な費用とは?【自己破産について詳しく解説します】

自己破産という言葉をよく耳にしますが、自己破産とはなんのことでしょうか。
なんとなくのイメージとして、借金をして、その借金を返す手段がなくなったときに、その借金をチャラにする方法というイメージがあります。もちろん借金をするだけして、自己破産をすれば借金をリセットできるのであれば、みんながそのサイクルを繰り返して、経済が破綻してしまいます。それで借金の支払い能力がない、返済にあてる収入や資産がないということを裁判所が認めた場合に自己破産が認められるわけです。
平成15年をピークに減少傾向があるようですが、まだ年間に5万件以上もこの制度を利用している人がおられることを考えると、最低限の知識は知っておいたほうが良い問題かもしれません。
とはいえ注意しないといけないのは、この自己破産をするためには費用がかかるということです。
自己破産申し立てに必要な印紙代(1,500円)、予納金(ケースによって異なる)、切手代や通信費等がまず最低限の費用として必要です。加えて借金をしている件数、また扱うケース、同時廃止事件または管財事件によって費用が変わってきます。
裁判所に破産申立てをしたときに、申立人に、債権者に返済できる財産がある場合には管財事件となり、その場合は破産管財人が選任され、手続きに時間がかかり、裁判所に納める予納金も多額になってしまいます。
一方、返済できる財産がない場合、特に価値のある財産がない場合は、同時廃止事件として扱われます。
自力で行う場合で五万円前後、司法書士に依頼した場合で二十万円前後、弁護士の場合三十万円前後必要となります。